森田 清三

(もりた せいぞう)


1975年 大阪大学大学院理学研究科博士課程物理学専攻修了.
理学博士.
現在,同大学産業科学研究所産業科学ナノテクノロジーセンター・特任教授.
専門は表面物理学、原子分子操作組立.
現在の研究テーマ:走査型プローブ顕微鏡(SPM)の開発と応用
 ①超高真空非接触原子間力顕微鏡の高度化と応用
 ②原子間距離での力学的相互作用の実空間測定
 ③極低温非接触AFMの開発
 ④素電荷の観察と制御に関する研究

執筆箇所:

  ・S2群4編 ナノ加工・計測技術