東海林 彰

(しょうじ あきら)


1974年 3月,東北大学大学院電気及び通信工学専攻修士課程を終了した後,同年4月に通商産業省(現:経済産業省)工業技術院電子技術総合研究所に入所.
1997年 1月,同研究所基礎部クライオエレクトロニクス研究室長に就任.
2001年 4月,改組により独立行政法人産業技術総合研究所に配置替え,同所エレクトロニクス研究部門超伝導計測デバイスグループリーダーに就任.
2009年 4月,産業技術総合研究所を退職し同所の客員研究員となる.同月に株式会社クオントの代表取締役に就任,現在に至る.
工学博士.

執筆箇所:

  ・9群2編 金属と超伝導体