荻原 光徳

(おぎはら みつのり)


1993年 東京工業大学理工学研究科博士後期課程修了.
理学博士.
電気通信大学情報工学科助手,University of Rochester助教授,准教授,教授を経て,現在,University of Miami計算機科学科教授.
専門は計算量理論,データマイニング.
著書に“The Complexity Theory Companion”(共著,Springer-Verlag),「複雑さの階層」(共立出版社).

執筆箇所:

  ・6群2編 計算論とオートマトン